タッチ決済

タッチ決済 Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?

ぽんた
ぽんた
Fitbit Payってどんなサービスなのかな?

 

博士
博士
タッチをすることで決済ができる非接触決済サービスじゃ。ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」を使うことで利用できるのじゃ。

 

「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)とは、Fitbitのスマートウォッチやフィットネストラッカーを店頭においてある決済用端末にタッチをすることで決済ができる非接触決済サービスです。

42を超える国・地域の300以上の銀行・カード発行会社を通じてサービスを展開しており、ソニー銀行が、自社で発行するVisaデビット付きのキャッシュカード「Sony Bank WALLET」で「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)に対応したことを発表しました。

Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?

Fitbit Pay(フィットビットペイ)にVisaデビット付きカードを登録することで、Visaのタッチ決済対応店舗での決済が可能になります。

また、Fitbit Pay(フィットビットペイ)はVisaトークンサービスを経由するため、利用者のカード情報を加盟店などに共有せず決済をすることができます。

セキュリティとしては、手首にデバイスを装着する際にPINの入力を要求するように設定をすることも可能です。

ぽんた
ぽんた
手首につけているデバイスで決済ができればかなりスムーズだね。

Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?【使える店舗】

「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)は、「Visaのタッチ」決済対応マークのある、国内外のVisa加盟店で利用することができます。

国内の主な利用店舗は、イオン・セブンイレブン・ローソン・マクドナルド・ゼンショーなどがあります。

博士
博士
最近では利用店舗も少しずつ増えてきているのじゃ。
「Visaタッチ決済」とは、コンビニ・スーパーなどのレジ横にある専用の端末に非接触対応のVisaカードをタッチをすることで、サイン・暗証番号が必要なくスムーズに決済をすることができます。
ぽんた
ぽんた
どんどん新しい決済サービスが増えているね。

Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?【対応機種】

  • Fitbit Ionic
  • Fitbit Versa 2
  • Fitbit Versa
  • Fitbit Charge 4
  • Fitbit Charge 3

 

国内のスマートウォッチを使った非接触キャッシュレス決済は、Apple Watch・GarminなどのGPS搭載ウォッチは、1台が約2~3万円するデバイスでしか利用できませんでした。

しかし、Fitbit Charge 3」は、1万円台前半で購入でき、国内においてウェアラブルデバイスによるキャッシュレス決済の導入のハードルが下がったと言えるでしょう。

ぽんた
ぽんた
1万円代で購入できるとかなりお手軽だね。

 

博士
博士
購入のハードルも下がってきているのでタッチ決済の利用者も増えてくるかもしれんのじゃ。

 

Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?【使用方法】

「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)の利用をするには、ソニー銀行で銀行口座の開設をして、ソニー銀行からVisaデビット付きのキャッシュカード「Sony Bank WALLET」を発行してもらう必要があります。

博士
博士
「Fitbit Pay」を使うにはソニー銀行の「Sony Bank WALLET」を発行するのじゃ。

 

「Sony Bank WALLET」のカードを発行したら、「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)専用アプリに使用するカード情報・Fitbitのスマートウォッチかフィットネストラッカーの登録します。

「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)に「Sony Bank WALLET」を登録のには、年会費・利用手数料はかかりません。

ぽんた
ぽんた
年会費・利用手数料だと使いやすいね。

 

「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)を使って「Sony Bank WALLET」から決済できる上限金額は1回につき5万円となっています。

一定の金額を超えた決済の場合は、暗証番号の入力やサインなどが必要になる場合があるといいます。

博士
博士
一度の利用額は5万円までになるが、普段の買い物ぐらいなら問題ないのじゃ。

 

Fitbit Pay(フィットビットペイ)とは?【今後の予想】

ソニー銀行は、同じく「Visaタッチ」を利用する「Garmin Pay」に対応を開始しました。

おそらく同じような契約形態で今回の「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)の対応サービス拡大に至ったものと予想されます。

ソニー銀行と同じく「Garmin Pay」に対応している三菱UFJ銀行・ジャパンネット銀行は、Fitbitと手数料などの条件について折り合えば、「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)の対応に続く可能性は高いと考える。

ぽんた
ぽんた
これから対応するところが増えて使いやすくなればいいね。

Fitbit Pay は、これまでニューヨーク・シカゴ・バンクーバー・ロンドン・台湾・シンガポールといった大都市の地下鉄・交通機関の運賃の決済で利用されています。

日本国内の場合は、交通機関に関する決済は「Suica」や「PASMO」が人気となっており、「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)が参入するのは容易ではないと思われます。

しかし、ウェアラブル端末による非接触キャッシュレス決済のニーズも高まりを見せているので今後は「Fitbit Pay」(フィットビットペイ)が国内でどこまで普及するのか注目です。

博士
博士
海外ではかなり普及してきているので日本も普及することが期待できるのじゃ。

 

ABOUT ME
ぽんた
こんにちは。 2020年3/11にブログを開設。 キャッシュレスなどの、お得で快適な生活を送れるための記事をメインに載せていきます。 人生をお得に、より充実させましょう。 ちなみに猫が大好きです。