キャッシュレス

VISAプリペイドカード・Vプリカ使い方【コンビニで購入可能】

ぽんた
ぽんた
Vプリカってどんなカードなの?

 

博士
博士
ネットで使うことができるプリペイドカードなのじゃ。

 

Vプリカとはネットでクレジットカードのように使うことができるプリペイドカードです。

クレジットカードを作ることができない人がクレジットカードで払いをしたい時や、クレジットカード番号を登録したくない時などに利用することができます。

Vプリカにはクレジットカードにないメリット、デメリットがあります。

Vプリカはどんな使い方ができるのかを解説していきます。

Vプリカはインターネットだけで使うことができるVISAプリペイドカードです。

ライフカード株式会社が提供するサービスで、クレジットカードでは必要な審査が不要なので気軽に作ることができます。

今までクレジットカードを持ったことがない方など、キャッシュレスの初心者にも最適です。

VプリカはVISAブランドなので、クレジット払いができるサイトであればほとんどのサイトで使うことができるので幅広く利用することができます。

博士
博士
Vプリカは国際ブランドのVISAカードになるので様々な所で使うことができるのじゃ。

 

Vプリカには買ってすぐに使うことができるえるVプリカギフトもあり、人にプレゼントをすることもできるのです。

コンビニで購入することができ、登録が不要なので手軽に使うことができます。

ぽんた
ぽんた
人にプレゼントもできるなら喜んでもらえるいいプレゼントになるね。

 

【Vプリカ・コンビニでの使い方】クレジットカードとの違い

Vプリカはクレジットカードと違い、カードが発行されません。

読み取り機能がないので通常の店舗などで使うことができません。

※店舗で使う場合はPayPalを利用しましょ。

Pay Palのコンビニでの使い方【ネット専用Visa Vプリカ】Pay Palのコンビニでの使い方【ネット専用Visa Vプリカ】 PayPalはコンビニでも使うことができます。 コンビニで販売している「Vプリカ」を購入し、クレジットカードなどの代わりに購入代金の決済をすることができます。 Vプリカは、ネット専用Visaプリペイドカードで、インターネット上のVisa加盟店でもクレジットカードとして使うことができます。...

Vプリカはインターネット限定で、ネットショッピングなどの時にクレジットカード番号を入力することで使えます。

博士
博士
Vプリカは店舗で使うことはできないが、PayPalと組み合わせると使うことができるのじゃ。

 

※Vプリカは全てのクレジットカード払いで使えるわけではありません。

公共料金・スマホ代などの継続性のある支払いにVプリカを使うことができません。

チケットなどで、利用する時にクレジットカードを提示しないといけないサービスも使うことができません。

Vプリカには審査がないので18歳以上の人なら誰でも発行することができます。

アカウントの登録は本名以外に、ニックネームでも登録することができます。

※SMS認証があるので完全に匿名で登録はできません。

ぽんた
ぽんた
18歳以上なら作ることができるなら学生にもいいね。

 

【Vプリカ・コンビニでの使い方】購入・発行方法

Vプリカをインターネットで購入する場合の支払い方法は、クレジットカード支払い・インターネットバンキングからの支払いになります。

どちらの支払い方法も難しい場合は、コンビニで購入することもできませす。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップではコンビニの端末で購入することができます。

デイリーヤマザキ・セイコーマートではサンプルカードをレジに持っていくことで購入できます。

博士
博士
Vプリカはネットかコンビニで購入できるので好きな方で購入するのじゃ。

 

※購入の際に、価格に手数料が上乗せされるので注意です。

例:購入価格2200円→利用できる価格2000円になります。

Vプリカを利用するにはアカウントの開設をする必要があります。

アカウントの登録をすることで始めることができ、保有できるVプリカの枚数は10枚までになるので限度額は10万円です。

ぽんた
ぽんた
10枚も保有できるなら十分だね。

 

【Vプリカ・コンビニでの使い方】使い方

Vプリカには現物のカードはなく、インターネット上のmyページでVプリカの画像を見ることができます。

クレジットカードのように、カード番号・有効期限・セキュリティコード・カード名義が表示され、ネットショッピングなどの際に決済画面に入力することで使うことができます。

残高不足の場合は購入することができないので、クレジットカードなどを使いすぎてしまう方には最適です。

博士
博士
ネットでいつでも確認できるので便利じゃ。

 

【Vプリカ・コンビニでの使い方】有効期限

Vプリカの有効期限は1年間で、発行日から1年後の月末でカード番号が無効になり残高が没収されます。

※Vプリカギフトの有効期限も購入日から1年間です。

新しいVプリカを購入することで有効期限は更新され、同じアカウントに残高を加算することで新しいVプリカの有効期限まで使うことができます。

博士
博士
有効期限は新しく購入した日から1年なので使い続ければ問題はないのじゃ。

 

3カ月を超える未使用期間が発生すると休眠カード維持費が必要になり、毎月25日にVプリカの残高から125円が引き落とされてしまいます。

※残高が125円未満の場合はすべて引き落とされて追加で請求はされません。

残高没収・休眠カード維持費を発生させないようにすべて使い切りましょう。

どうしても端数が残ってしまう場合は、Amazonギフト券を購入しましょう。

Amazonギフト券は15円以上から1円単位で購入する事ができます。

ぽんた
ぽんた
使いきれない場合はAmazonギフト券にすればいいんだね。

 

【Vプリカ・コンビニでの使い方】強度なセキュリティ

Vプリカは簡単に作ることができますが、セキュリティ面はかなりしっかりしています。

本名以外で登録するもできたり、購入をする際には必ずパスワードを求められます。

Vプリカを使用していない時はセキュリティロックがかるの不正利用の対策がしっかりしています。

ぽんた
ぽんた
セキュリティーがしっかりしていると安心だね。

 

博士
博士
気軽に作れるペリペイドカードでも安心なのじゃ。

 

ABOUT ME
ぽんた
こんにちは。 2020年3/11にブログを開設。 キャッシュレスなどの、お得で快適な生活を送れるための記事をメインに載せていきます。 人生をお得に、より充実させましょう。 ちなみに猫が大好きです。