スマホ決済

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?使い方・払込取扱票の支払い

ぽんた
ぽんた
ゆうちょPayって便利なのかな?

 

博士
博士
ではゆうちょPayの解説をしていくのじゃ。

 

キャッシュレスが普及している中、ゆうちょ銀行でも「ゆうちょPay」が導入されました。

ゆうちょPayはお店での支払い・払込取扱票の支払い・駅の券売機で現金がおろせたりと様々なサービスを展開しています。

今回の記事では、ゆうちょPayとはどのようなものかを解説していきます。

ゆうちょPayアプリとは?【メリット・デメリットを解説】ゆうちょPayアプリとは?【メリット・デメリットを解説】 ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービスです。 ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、スマホとゆうちょ銀行の口座があれば、使うことができます。 「ゆうちょPayマーク」か「銀行Payマーク」のある店舗で使うことできます。...
ゆうちょPay(ゆうちょペイ)利用店舗【使えるお店・加盟店】ゆうちょPay(ゆうちょペイ)利用店舗【使えるお店・加盟店】 ゆうちょ銀行が運営するスマホ決済サービス「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」は、コードを読み取ることでスマホで決済をすることができる決済サービスです。 今回は「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」の使えるお店を紹介していきます。...

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)とは?【特徴】

ゆうちょPayとは、ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービスです。

スマホに「ゆうちょPay」のアプリをダウンロードすることで使う事ができます。

ゆうちょPayのQRコードを使って決済する事ができ、スマホとゆうちょ銀行の口座があれば使う事ができます。

ゆうちょPayは「ゆうちょPayマーク」か「銀行Payマーク」のある店舗で使う事ができます。

博士
博士
ゆうちょPayはスマホとゆうちょ銀行の口座があれば使うことができるのじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【必要なもの】

ゆうちょPayを使うには、「スマホ」と「ゆうちょ銀行の口座」が必要です。

ゆうちょPayのアプリをダウンロードして、ゆうちょ銀行口座の情報を入力する事で登録する事ができます。

ぽんた
ぽんた
ゆうちょ銀行を使う人のPayなんだね。

 

買い物をする際は表示されるQRコードを読み取ることで使う事ができるので決済を簡単にする事ができ、小銭を探したりする必要がないのでスマートの買い物をすることができます。

ゆうちょPayは「銀行Pay」の仕組みを利用しているサービスで、横浜銀行で「はまPay」福岡銀行・熊本銀行・親和銀行で「YOKA!Pay」として導入されています

ゆうちょPayが参入したことで銀行と郵便局で「ゆうちょPay=銀行Pay」が使えるようになり、キャッシュレス決済の幅が増えたといえるでしょう。

博士
博士
ゆうちょPayを使うことで決済がスムーズに行えるのじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【他のコード決済との違い】

ゆうちょPayは、まだ聞きなれていない人も多いかもしれません。

では、ゆうちょPayや、LINE Pay・PayPayとはどのように違いうのかを比較してみましょう。

ゆうちょPay LINE Pay PayPay
利用店舗 ミニストップ・各地方銀行

などまだ利用店舗は少ない

全国100万店舗以上 全国で60万店以上
決済方法 ゆうちょ口座引き落とし LINE Pay残高
口座引き落とし
クレジットカード
PayPay残高
Yahoo!マネー
クレジットカード
メリット 払込取扱票による公共料金等の支払いが可能
キャッシュアウトができる
利用店舗が多い
LINEで送金ができる
キャンペーンや特典が多い

ゆうちょPayは発足したばかりのサービスであり、LINE Pay・PayPayなどスマホ決済に比べると利用店舗は比較的少なくなります。

ぽんた
ぽんた
使える店舗が少ないのは不便だね。

 

ただ、決済方法がたくさんあるスマホ決済サービスに比べゆうちょPayは、ゆうちょ銀行の口座から自動的に引き落としになるので使いやすくお金の管理もしやすくなります。

他のスマホ決済サービスにはない、ゆうちょPayならではのサービスが「駅の券売機でお金を引き出せる」「キャッシュアウトができる」です。

この2つのサービスはゆうちょPayの特徴と言えるでしょう。

初めてスマホ決済サービスで、ゆうちょ銀行の口座があればゆうちょPayの使ってみるのもお勧めです。

博士
博士
使える店舗が少なくても公共料金等の支払いやキャッシュアウトができるのはかなり大きなメリットじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【登録方法】

ではゆうちょPayの登録方法を解説していきます。

ゆうちょPayを登録するのは簡単で、スマホにゆうちょPayのアプリをダウンロードし、設定をしましょう。

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【アプリをインストール】

ゆうちょPayを利用するのにはスマホアプリの「ゆうちょPayアプリ」をインストールします。

ゆうちょPayアプリは、アンドロイド端末・iPhoneのどちらでも無料でダウンロードすることができます。

ぽんた
ぽんた
無料で使えるのはいいね。

 

【ダウンロード可能な端末】

  • iOS 10.0以降
  • Android 5.0以降

こちらのバージョンは、メーカーにもよりますが2012年以降に発売されているスマホなので5年以上使っていても対応できることが多いでしょう

スマホが新しくなくてもゆうちょPayのアプリならダウンロードをすることができやすくなっています。

博士
博士
2012年以降のスマホなら使える機種は多いのも使いやすいメリットじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【ゆうちょ銀行口座・初期設定】

ゆうちょPayのアプリをダウンロードしたら「ゆうちょ銀行口座の設定」「初期設定」をする必要があります。

[ゆうちょPayの設定]

・アプリをダウンロードして画面を左にスワイプするとログイン画面が表示されます。

・[アカウント登録]をクリックして登録画面に移動します。

・メールアドレス・希望するIDを入力します。

※メールが受信拒否設定をしている場合は解除して、送られてくる確認メールを受け取れるようにしましょう。

・登録したら「確認コード」がメールで届くので数字を入力します。

・コードを入力したら、名前・生年月日などの情報と取引の際に必要となる暗証番号を設定しましょう。

※暗証番号は、キャッシュカードの暗証番号とは別に設定しましょう。

・「口座設定に進む」をタップし、[ゆうちょ銀行]を選択します。

・「金融機関へ」へ進み、即時振替サービスの利用規定を一読し、同意ボタンを押します。

・口座番号(記号・番号)を入力して確認します。

・キャッシュカードの暗証番号を入力します。

※この暗証番号は、アカウント情報入力時に設定した取引暗証番号とは違う、4ケタの暗証番号です。

・登録内容を確認したら「口座振替申込」をタップして設定完了です。

博士
博士
登録も簡単でセキュリティもしっかりしているので安心じゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【使い方】

ゆうちょPayのアプリをインストールして設定が完了したら決済に使うことができます。

ゆうちょPayは、ゆうちょ銀行の口座にある金額分を使うことができます。

ぽんた
ぽんた
使う分だけを銀行に入れておけば使いすぎの心配はないね。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【チャージ方法】

ゆうちょPayを利用するの、「ゆうちょ銀行」か「横浜銀行」などのゆうちょPay連携銀行の口座にお金を入れておきます

ゆうちょPayは口座のお金が無くなると利用できなくなるので、使いたい金額を口座に入れておくことで使いすぎの防止になったりとお金の管理がしやすくなっています。

予定や月のお小遣いに合わせて金額を、ゆうちょ銀行などの口座に入れておくといいでしょう。

博士
博士
ゆうちょPayは「ゆうちょ銀行」以外にも「横浜銀行」などのゆうちょPay連携銀行の口座も使うことができるのじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【支払い方法】

ゆうちょPayは、提携店舗での買い物の時に表示されたコードを読み取ることで支払いをすることができます。

※口座に残金がない場合は利用できません。

ゆうちょ銀行の口座以外に、横浜銀行などのゆうちょPayの連携銀行口座でも使うことができます。

ゆうちょPayの支払い方法は、店側がコードを読み取る「ストアスキャン方式」と、自分がコードを読み取る「ユーザースキャン方式」の2つがあります

博士
博士
決済方法は2種類じゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【ストアスキャン方式】

店側にコードを読み取ってもらう「ストアスキャン方式」の使い方。

・ゆうちょPayアプリを立ち上げ、取引暗証番号を入力します。

・支払い方法選択画面が表示されるので、左側のコード表示を[クリック]します。

・コード表示を選択したら、画面中央のマークをタップします。

・暗証番号を入力し、画面が切り替わったら暗証番号を入力しましょう。

・自分のコードが表示されるので、店側にコードを読み取ってもらいます。

・支払い値段を確認して決済が完了になります。

店側にコードを読み取ってもらう方法は、自分のアプリのコード画面を提示することでスムーズに決済をすることができす。

ストアスキャン方式は、店側にコードを読み取る機能が搭載していないと使うことができないので、使える店は、コンビニ・飲食店の大手チェーン店などに限定されていることが多いでしょう。

ぽんた
ぽんた
「ストアスキャン方式」は使える店舗が多そうだね。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【ユーザースキャン方式】

自分でコードを読み取る方法「ユーザースキャン方式」の使い方。

・ゆうちょPayアプリを立ち上げ、暗証番号を入力します。

・支払い方法選択画面で、右側にある「コード読み取りを[クリック]します。

・コードを読み取るカメラが起動するので、店側が提示するコードに画面を合わせて読み取ります。

・コードを読み終えると、支払いの金額が表示されます。

・金額を確認してあっていれば「スライドしてお支払い」をスライドします。

・暗証番号を入力して支払い完了です。

自分が店側のコードを読み取る「ユーザースキャン方式」は、小売店などでも支払いやすく、多くの店で徐々に取り入れられています。

「ユーザースキャン方式」は店にコードを読み取る機器を導入する必要がないので、小売店などでも手軽に利用することができます。

このユーザースキャン方式のほう導入しやすく、徐々に普及しているといえるでしょう。

博士
博士
「ユーザースキャン方式」は小さなお店でも導入している事もあるのじゃ。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【払込取扱票(請求書)支払い】

ゆうちょPayは「払込取扱票請求書の支払い」をすることができます

これは他のPayではあまり見られなくかなり便利で、ゆうちょPayのメリットの一つと言えるでしょう。

博士
博士
払込取扱票請求書の支払い」は他のPayにはないメリットじゃ。

 

[振込取扱票をゆうちょPayで支払う方法]

・振込取扱票に「ゆうちょPay」のバーコードがあるかを確認します。

・バーコードが掲載されているものは、ゆうちょPayで支払うことができます。

・ゆうちょPayアプリを立ち上げます。

・アプリを立ち上げて取り扱い暗証番号を入力します。

・右上にある「コード読み取り」をクリックします。

・起動したカメラで払込取扱票(請求書)のバーコードを読み取ります。

・支払い内容の確認画面が出るので、金額にを確認して取引暗証番号を入力します。

・支払い完了画面が表示されれば完了です。

ゆうちょPayを使うことで振込取扱票の支払いを現金なしですることができるのでとても便利です。

ぽんた
ぽんた
払込取扱票請求書の支払い」の支払い方法も簡単だね。

 

ゆうちょPay・ゆうちょペイとは?【まとめ】

ゆうちょPayは、スマホのアプリをコードにかざすだけで支払うことができるのでおつりの受け渡しなどの手間が掛からず、払込取扱票にも対応しているのでほとんど財布を必要としなくなります。

支払った時点で口座から現金が引き出されるのでお金の管理にも最適です。

今はまだゆうちょPayを利用できる店舗は少ないですが、これから徐々に増えていくでしょう。

病院などの公共施設で使える可能性もあると思います、今後の展開に期待しましょう。

ぽんた
ぽんた
まだ使える店舗は少なくても使い分けることで便利に使えそうだね。

 

博士
博士
ゆうちょPayはこれからどんどん使えるところが増えてより便利になっていくと予想されるのじゃ。

 

ABOUT ME
ぽんた
こんにちは。 2020年3/11にブログを開設。 キャッシュレスなどの、お得で快適な生活を送れるための記事をメインに載せていきます。 人生をお得に、より充実させましょう。 ちなみに猫が大好きです。