スマホ決済

ゆうちょPayアプリとは?【メリット・デメリットを解説】

ぽんた
ぽんた
ゆうちょPayって他のPayとはどう違うのかな?

 

博士
博士
ゆうちょPayには他のPayにはないメリットがあるのじゃ。

 

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービスです。

ゆうちょPay」のアプリをダウンロードして、QRコードを使ってスマホで決済をすることができます。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、スマホとゆうちょ銀行の口座があれば、使うことができます。

「ゆうちょPayマーク」か「銀行Payマーク」のある店舗で使うことできます。

https://ponta-2020.com/yucho-pay-how-to-use/

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)利用店舗【使えるお店・加盟店】ゆうちょPay(ゆうちょペイ)利用店舗【使えるお店・加盟店】 ゆうちょ銀行が運営するスマホ決済サービス「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」は、コードを読み取ることでスマホで決済をすることができる決済サービスです。 今回は「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」の使えるお店を紹介していきます。...

そんなゆうちょPayにはどんなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

【ゆうちょPayアプリのメリット】使う度に引き落とし

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、使う度にゆうちょ銀行の口座から使った金額が引き落とされるので、家計管理とても使いやすくなっています。

クレジットカードの場合は、カード会社が決めた引き落とし日に引き落とされるので決済をしたその時に口座から現金が引き落とされることはありません。

なのでクレジットカードなどの後日の引き落としになる場合はいくらカードで支払いをしたのかわかりにくくなります。

思っていたよりもカード支払いが多い場合は、口座から予想外の出費となり困ることがあるかもしれません。

ぽんた
ぽんた
確かに後日引き落としのキャッシュレスはちゃんと把握していないとつい使いすぎちゃうことがあるよね。

 

しかしゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、支払った金額がその時に口座から引き落とされるので家計管理がしやすくとても便利です。

支払った現金が口座からすぐに引き落とされるので、口座に残高がないと使うことができません。

これは不便に思う方もいるかもしれませんが、使いすぎを予防してお金の管理がしやすくなるので無駄使いを防止することができるのです。

クレジットカードだと、現金がなくても限度額まで使うことができます。

しかし、支払い日に現金がないと遅延損害金が発生したり、信用情報に傷がついたりすることがあるのでお金の管理が苦手な人が使うと大変なことになる場合もあります。

ゆうちょPayにはそんなをする必要がないので安心して使うことができます。

博士
博士
ゆうちょPayは使う度に引き落としされるので現金を使っている感覚で使えるのじゃ。

使いすぎて支払い日に困る事もないので安心じゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】使いすぎの心配がない

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、口座に入っている残高のみを使うことができます

なので使いすぎる心配はありません。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)で使うひと月の生活費などを設定しておくなど、事前に決めて口座に入れておくと便利です。

ぽんた
ぽんた
あらかじめ金額を決めておいて、使う分だけを口座に入れておくと使いすぎないで済むね。

 

クレジットカードや一部デビットカードは残高がなくて使うことができ、便利なのですが残高以上のお金を利用した場合は金利を付けて返済することになる事もあり、返済額が増えてるのはとてももったいないですね。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)の場合は、口座の残高しか使えないので、気づかない内に貸付金を使ってしまうなどトラブルもありません

博士
博士
使いすぎて分割になって金利がかあkることもないので返済額が増えたりしないのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】支払いスムーズ

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)で支払いをする場合、スマホアプリを立ち上げてコードを読み取るだけで決済をすることができます。

小銭を出したりお釣りをもらう必要がないので、急いでいるときもスムーズに支払いをすることができます。

ぽんた
ぽんた
レジが混んでる時に小銭を探すは焦るんだよね。

ついお札で支払いをして小銭が貯まったりしちゃうよね。

 

支払いがスムーズにできることで店側にもメリットがあり、レジに行列ができたりした場合など、お客さんにおつりを渡すことが必要なくなるので店側の負担も減らすことにつながります。

博士
博士
キャッシュレスなら小銭を探さなくてもいいし、小銭もたまらないので財布が膨らむ事もないのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】未成年でも登録が可能

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、未成年でも登録をすることができます。

ゆうちょPayは、クレジットカードがなくても登録できるので未成年でも使うことできるのです。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、ゆうちょ銀行・ゆうちょPay連携銀行の口座があれば使うことができます。

ぽんた
ぽんた
未成年でも使えるのはいいね。

大学生のときとかにキャッシュレスで支払うのに憧れたりしたよね。

 

スマホの普及率が上がっているので、最初のキャッシュレスとして子供にゆうちょPay(ゆうちょペイ)を使わせるのもいいかもしれません。

キャッシュレス決済が普及していく中、未成年のうちからゆうちょPayを使ってキャッシュレスの使い方やお金の管理の方法を学ぶのもいい勉強になるかもしれませんね。

博士
博士
未成年が最初に使うキャッシュレスとしては最適じゃ。

使いすぎる事もないので使いやすいのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】払込取扱票(請求書)の支払い

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)の最大の特徴は、各種料金等の「払込取扱票(請求書)の支払いも可能」があります。

対象となる払込取扱票は、ゆうちょPay支払い用のQRコードが記載されているものです。

払込取扱票は、基本的に現金で支払う必要があり、コンビニまで行かないといけない・現金を持っていないといけないなどの少しの手間があります。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)があれば、払込取扱票をコンビニまで持って行くことなく自宅で支払いを済ませることができるのでかなり便利です。

ぽんた
ぽんた
払込取扱票(請求書)の支払いができるキャッシュレスは中々ないよね。

これはかなり便利だね。

 

また、ゆうちょPay(ゆうちょペイ)で払込取扱票の支払いをしても手数料が掛かることは少なく、決済手数料がかかっても100円程度なので、色々な手間を考えると手数料としては安いといえるでしょう。

博士
博士
いちいちコンビニに行ったり、お金をおろしにいく必要もないので便利じゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】お得なクーポン配信予定

キャッシュレスサービスでは、様々なキャンペーンが行われていますが、ゆうちょPay(ゆうちょペイ)もユーザーにとって嬉しいキャンペーンが定期的に行われています。

2019年5月におこなわれたキャンペーンは「登録者先着100万名様、現金500円プレゼント」といったキャンペーンが行われました。

ぽんた
ぽんた
現金のプレゼントはかなり嬉しいね。

 

ポイントの還元サービスが多い中、現金の500円が口座に振り込まれるのはとても嬉しいですね。

このようなキャンペーンが定期的に行われているので、ゆうちょPayを登録してお得なクーポンをどんどん利用しましょう。

博士
博士
お得なキャンペーンは色々しているのでチェックするのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】券売機でキャッシュアウト

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)なら、東急電鉄の券売機でキャッシュアウトをすることができます

※キャッシュアウトとはお金を引き出すことです。

まだ東急電鉄に限られたサービスではありますが、通勤・通学で東急電鉄を使う人にとっては非常に便利なサービスです。

ぽんた
ぽんた
駅の券売機でお金をおろせるの?

急な出費にかなり助かるね。

 

「PASMOをチャージしたい」「飲み会費用が足りない」などのお金がいる場合、駅構内でゆうちょPay(ゆうちょペイ)から、駅の券売機にあるQRコードを読み取って、ゆうちょ銀行の口座に入れてあるお金を引き出すことができます。

引き出す金額は、1万・2万・3万円を選択でき、手数料は約100円ほどがかかります。

駅で現金がない時に、券売機でお金が引き出せるのは手数料が少しかかってとしてもかなり助かるサービスと言えるでしょう。

博士
博士
駅から出かける時についでにお金もおろせるのでいちいちATMに行かなくても良いので便利なのじゃ。

 

キャッシュアウト方法

[ゆうちょPay(ゆうちょペイ)キャッシュアウト方法]

  1. ゆうちょPayのアプリを開く。
  2. メニューを選択して「キャッシュアウト」を選択します。
  3. 引き出す金額を選択して、スライドします。
  4. 取引暗証番号を券売機に入力して、スマホに表示されたコードを券売機の読み取り機にかざします。
  5. 読み取りをしてキャッシュアウトが完了です。

 

キャッシュアウトの手順は簡単なので、是非利用してみましょう。

博士
博士
キャッシュアウトのやり方も簡単じゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】病院で使える可能性

銀行Payを開発している「GMOペイメントゲートウェイ」は、銀行Payを病院で使えるようにしたいと言っております。

今後病院の会計で、ゆうちょPay(ゆうちょペイ)が導入されると混み合う病院でも会計がスムーズになり、会計での待ち時間少なくなることが期待できます。

ぽんた
ぽんた
病院で使えるようになればかなり嬉しいね。

待ち時間も長いからスムーズになれば早く帰れて嬉しいね。

 

具合が悪い人が多い中、会計をするのに待たされるのは患者にとっても負担が大きいと言えるでしょう。

しかし、ゆうちょPay(ゆうちょペイ)で決済ができるようになれば、会計の待ち時間も短くなると予想されるでしょう。

手持ちの現金が少なくても、スマホアプリで病院の決済ができるのは、かなり便利ですね。

博士
博士
病院ではほとんどが現金支払いになるので使えるようになればかなり嬉しいのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】おサイフケータイ・Apple Payがなくても便利

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、おサイフケータイ・Apple Payなどがないスマホでも使うことができます。

最新型のスマホには、ほとんどおサイフケータイ・Apple Payの機能がついていまが、ついていても「使い方が分からない」といった人も多いです。

ぽんた
ぽんた
確かに「おサイフケータイ」って使ったことがないかも。

使い方がよくわからないんだよね。

 

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)なら使い方はかなり簡単で、金額も口座にある分だけにお金だけになるので使いすぎる心配もありません。

最近人気の格安スマホには、おサイフケータイの機能がついていないものもあるので、そのようなスマホでもゆうちょPayのアプリを使えば、キャッシュレス決済を利用することができます

博士
博士
ゆうちょPayは使い方も簡単で色々なスマホに対応しておるので使いやすいのじゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのデメリット】

では次にゆうちょPay(ゆうちょペイ)のデメリットを上げていきます。

ゆうちょPayのデメリット

  • ポイント還元がない。
  • 使える店舗が少ない。

【ゆうちょPayアプリのメリット】ポイント還元がない

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)には、ポイントの還元がありません。

ゆうちょPayを使って決済しても、使った分のポイントが還元されるような特典はありません。

色々なキャッシュレスがあり、ポイント還元の特典があるものもたくさんあります。

ポイント還元のあるクレジットカードなどは、使うほどお得感があるります。

ぽんた
ぽんた
ほとんどのキャッシュレスではポイント還元があるよね。

ポイント還元のためにキャッシュレスを使っている人もいるよね。

 

しかし、クレジットカードのポイントとは、ユーザーが分割払いをした時などの手数料・借り入れをした時の金利手数料などから成り立っていることがあります。

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は残高不足の場合は使うことができず、金利を支払うことはありません。

ポイント還元がないのは損に見えますが、金利手数料を支払うことがない分、メリットは高いも言えます。

博士
博士
ゆうちょPayにはいいメリットがたくさんあるが、ポイント還元がないのは残念じゃ。

 

【ゆうちょPayアプリのメリット】使えるお店が少ない

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)は、まだ開発されて間もないサービスで、使える店は限られてきます。

しかし、ゆうちょPayが使える店舗は、今後増えていく予定です。

ぽんた
ぽんた
まだ新しいサービスだから仕方がないね。

 

銀行Payのシステムを導入しているゆうちょPayは、はまPay・YOKA!Payの加盟店でも使うことができ、銀行Payシステムを導入する銀行が増えることで使えるお店は増えていくでしょう。

また、ゆうちょPay(ゆうちょペイ)はJPQRと呼ばれるQRコード統一化にも参画しており、LINE Pay・メルペイなどの加盟店でも使うことができるようになる可能性もあります。

博士
博士
今は少なくてもこれからどんどん増えていくのじゃ。

病院など、他のキャッシュレスでは使うことがでいない場所でも使えるようになるかもしれないので期待するのじゃ。

 

ABOUT ME
ぽんた
こんにちは。 2020年3/11にブログを開設。 キャッシュレスなどの、お得で快適な生活を送れるための記事をメインに載せていきます。 人生をお得に、より充実させましょう。 ちなみに猫が大好きです。